「#安倍やめろ」というハッシュタグをわざわざ作って、暴れまくっている左翼系Twitterユーザーの痛さがツイートでよく分かります。
確かに、日本政府の新型コロナウイルスの対応は遅かったですが、感染者の拡大は仕方ないにしろ、ここまで死者数が普段のインフルエンザや風邪による肺炎の死者数よりかなり少ないのは奇跡と言えます。後手とは言え、政府が感染予防を呼びかけた事で、企業や学校などは対策を意識するようになっていますし、その前から対策を行っている人も継続してうがい・手洗い・マスク着用をしています。

安倍政権への文句は多々あるかもしれないが、Twitterで騒いでいる奴らというのは、安倍政権以上に何も出来ないクズしかいないのだから、人の事が言えないと思います。

こんなのでも2児の父なのが笑えます。
Screenshot from 2020-03-14 22-43-45

Screenshot from 2020-03-14 22-44-13


安倍さんに面と向かって言う勇気も無い癖に、ネットでは強い(^_^;)
ダウンロード (2)

Screenshot from 2020-03-14 22-44-57


Screenshot from 2020-03-14 22-45-11

Screenshot from 2020-03-14 22-45-15


Screenshot from 2020-03-15 00-08-40


Twitterで発言するのは良いけれども、有名人や社会人は特に政治的な発言を気をつけておかなければいけません。政治家や金を稼ぐ為に煽っている活動家とは違って、政治的発言を行えば、職と家族を失うリスクがかなり高いです。極端な考え方の人は、企業が成長する上で邪魔な存在でしかないので当たり前の事でしょう。
学生運動が盛んだった頃、安保反対で血気盛んだった学生たちは、今ではすっかり政府と企業の犬になっています。彼らは、極端な政治思想を持っていたら、この世で生きていくのは難しいという事に気づいたのでしょう。
団塊の世代が定年を向かえて、また学生運動ごっこをし始めていますが、後5年〜10年もすれば、こいつらはあの世に行くので、ネトウヨ・パヨク共に消滅して静かになると思います(^_^;)。